アートに保証はない

今とってもカラーインクにハマってるんだけど。カラーインクっていってもリキテックスリキッドという1種のアクリル絵具。

でこういう水彩っぽい画材で特になんだけど、滲んだりムラができたり、透明の絵具で重ね塗りしたり、何枚か描いてるうちに使い方がわかってきた気がしてこの後何枚描いても上手くいくような気になってしまう。

ところがその後は滲みもいまいち、重ね塗りしたらなんだか汚いとか、全然ダメみたいなことにまたすぐ出くわす。

音楽もそうだし、アートはみんなそうだ。常に上手くいくなんてことない。常にどうなるかわからない。

だからドキドキするし、良いものができたり一瞬でも感動できるような色やサウンドを感じられればとにかく満足が得られる。

上手くいく保証は要らないのだ。続けることでそういう幸運を呼びやすくなる。

それが上達するということだとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です