マルコム・グラッドウェルの本

マルコム・グラッドウェルの本を買ってみたけどかなりつまらない。
NewYorkerの人気コラムニストらしいけどやはり僕には経済関係の本は合わないみたい。

テレビなんかでも成功した人のインタビューとかそれを元に検証したっぽい番組とかあるけど、ああいうのがつまらないのと一緒。
結局うまく行くか行かないかなんて偶然なのではないかと思う。
どんな秘訣があろうと成功すれば番組や記事になるし、失敗すれば埋もれるから話題にはならない。
メディアは人々の興味を引かなければならないからドキュメンタリですらドラマが求められる。

この本にはしかも僕の嫌いな金融工学の話も出て来た。
読むのやめようかと思ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です