ギャラリーKompisさんでの2人展

2/23~2/28まで。
都立大学駅にあるギャラリーKompisさんにて、藤枝シュウ氏との2人展開催してました。

何箇所か下見をしたりして検討した結果いろいろな意味で最適と思ったこの場所は予想していたよりもさらに快適な空間でした。
規模的にも2人でやるのに適していたし、駅からも近く何より(勝手な見方かもしれませんが)僕ら2人の作風ととてもマッチしていたと思います。

友人達や家族、アート仲間に大学時代の同期とか。
そして元々シュウさんとも知り合うきっかけとなったInstagramでの繋がりの方々。
たくさんの方々が来てくれて、とても雰囲気の良い展示になりました。
Kompisさんのお客さんも来てくれたり、近所の人たちも立ち寄ってくださったり。
普段会えない方々との出会いも楽しく、都立大学駅や東横線沿線が改めて魅力的だと思いました。

とても素敵なオーナーさん、スタッフの方とのお話も楽しかった。
なぜか旧欧州車談義になってたり 笑

また機会を持って再び開催したいな。

搬入、設置直後の360°撮影写真です。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ライブハウスフィガロ

さて毎年恒例みどり市フィガロでの演奏が終了しました。
来てくださった皆さん、メンバーの皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました。
今年は2月にいろいろな企画を盛り込んでしまったのでかなりタイトなスケジュールでした。というか現時点ではまだいくつか予定がありますけど。

そんな忙しさもあっていつも1曲2曲はオリジナルを書き下ろして演奏したりしてるのですが今年は新曲無理だなあ、と思ってたらギリギリになって1曲書けました。メンバーには迷惑な話かもしれないけどね(笑)

Friedrich Meckseperというドイツの画家の名前をタイトルにした物凄くゆっくりな曲。
Meckseperはコラージュなども手掛けてますが平面作品は静謐、といえるのかな?なんとなく不思議な空間を感じさせる作品ばかり。
フィガロのピアノのとても綺麗な音を活かせるように演奏してみましたよ。

そして今年はあえてブルースとか循環というような、よく演奏される物も組み込んでみました。このメンバーでリハーサルをしない曲でどんなになるかというのもやってみたかったので。

全体的に多分なかなか楽しい内容になったのではないかと思ってるけどこればかりはお客さんがどう思うかだけどね。

というわけで新曲Friedrich Meckseperの演奏風景です。

Solo Exhibition “a present”

2/6土曜日から地元桐生市のPenny Rain Cafeにて個展やってます。2/21まで。

今回描き下ろしの作品6枚をカウンター上部の壁に設置し店内全体に大判のものとか小さなドローイングとか、あと針金細工もあります。

ぜひ見に来てください。

入場は無料ですがカフェなので飲み物など注文してゆっくり見てもらえたら嬉しいです。

そして2/20の6時頃からそこで演奏もします。

ギターりょうへんとのデュオで僕はピアノではなく鍵盤ハーモニカとボーカルです。こちらも入場無料です。

ペニーレインカフェ、食事も美味しいですから是非お立ち寄り下さい。