Sweet Kentucky Ham

Sweet Kentucky Hamという曲がありまして。
とても好きなDave Frishbergというピアニスト、ヴォーカリストの書いた曲なんですが先日のフィガロでのギグでもやりました。

さっき改めて聴いてたらメンバーみんななんだか良い感じだなあと思って。
しかもりょうへんのギターがフィードバックしててタイミング的にもいいとこ入ってくるし。
ジャズ系のステージでフィードバックってあんまり聞かないよね。
ひとりで弾語りするのに比べたらこういう驚きが最高に楽しい。

Figaroでのギグ

3/10フィガロでのギグ終了しました。

気づくとインストは一曲を除いて全部自作曲。ボーカル物もDave FrishbergのナンバーとかLaura Nyroやったりとか珍しい物が多かったですがなかなか楽しかった。

今回は書き下ろし新曲はなかったけどドラム入りで演奏するのが初めての曲もあったのでドラムレスでやるのとは結構印象が変わってそれも面白かったし、普段盛り上がりに欠ける僕も多少熱くなった気がします(盛り上げようとすると単に音がでかいだけの力技になってしまい自分の中ではむしろ盛り下がってしまう 汗)。

2月にも饗場拓也カルテットでオリジナルを沢山採り上げてもらい若い素晴らしい共演者と演奏できて随分と楽しい思いをさせてもらいました。若者の推進力に対してあらゆる意味においてモタつきが露呈してしまったけどかなり刺激になりました。

しかしそもそもオリジナルを演奏するということ自体どうなんでしょう?という疑問も無くはないですよね。もっと知ってる曲をやって欲しいなんて言われることすらあるのに誰も知ってる筈もない田舎のおじさんの曲とか、あ、自分のことですけど。

一方で知らなかった曲を発見する事が楽しいという人も一定数いるもので、結局はいろんな要望というのは存在してて、演者とお客さんとのセンス、好みのマッチングの問題かなあ、とは思います。

言い訳ではありません。

たぶん…

そんな手応えを感じたような気がする時もあったような気がするんです。

信じてください。

 

今回初めてドラム入りで演奏したオリジナル、Leese Webster。ギターとのデュオになったところで落ちそうになった楽譜に気を取られて7拍子が8拍子になってしまいメンバーがつい笑ってしまった貴重なシーンも観られます!