カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Figaroでのギグ

3/10フィガロでのギグ終了しました。

気づくとインストは一曲を除いて全部自作曲。ボーカル物もDave FrishbergのナンバーとかLaura Nyroやったりとか珍しい物が多かったですがなかなか楽しかった。

今回は書き下ろし新曲はなかったけどドラム入りで演奏するのが初めての曲もあったのでドラムレスでやるのとは結構印象が変わってそれも面白かったし、普段盛り上がりに欠ける僕も多少熱くなった気がします(盛り上げようとすると単に音がでかいだけの力技になってしまい自分の中ではむしろ盛り下がってしまう 汗)。

2月にも饗場拓也カルテットでオリジナルを沢山採り上げてもらい若い素晴らしい共演者と演奏できて随分と楽しい思いをさせてもらいました。若者の推進力に対してあらゆる意味においてモタつきが露呈してしまったけどかなり刺激になりました。

しかしそもそもオリジナルを演奏するということ自体どうなんでしょう?という疑問も無くはないですよね。もっと知ってる曲をやって欲しいなんて言われることすらあるのに誰も知ってる筈もない田舎のおじさんの曲とか、あ、自分のことですけど。

一方で知らなかった曲を発見する事が楽しいという人も一定数いるもので、結局はいろんな要望というのは存在してて、演者とお客さんとのセンス、好みのマッチングの問題かなあ、とは思います。

言い訳ではありません。

たぶん…

そんな手応えを感じたような気がする時もあったような気がするんです。

信じてください。

 

今回初めてドラム入りで演奏したオリジナル、Leese Webster。ギターとのデュオになったところで落ちそうになった楽譜に気を取られて7拍子が8拍子になってしまいメンバーがつい笑ってしまった貴重なシーンも観られます!

1月の演奏

1月はひとまず21日にヴォーカリスト、チェットフォーチュン氏を迎えてビレッジでのギグがあります。

ランチとワンドリンク付きのお昼からの演奏です。

ジャズ、ポップス、ソウルのスタンダードの他チェットさんのオリジナルなども演奏します。

Vocal.Chet Fortune

Piano.唐澤龍彦

Guitar.りょうへん

Bass.キムラコウヘイ

Drums.中村海斗2018年 1/21(Sun)

【 唐澤龍彦Group with Chet Fortune 】M.C ¥2,000(食事&1Drink 付) ※要予約

=Sunday Afternoon Live=

12時スタート

最近お気に入りの曲とか

連休最終日が終わり。

連休中は初日が伊東屋珈琲ファクトリーさんでの展覧会(詳しくはこちら)の撤収だったりその他出かけたり、の合間で久しぶりにちょっと録音もしてみた。

好きな曲だったことを思い出して慌てて譜面作って練習してピアノで弾語りしてみました。
ブラジルのシンガーソングライターMarcos Valleの”If You Went Away”という曲。
Marcos Valleの曲で有名なのはSummer Samba(So Nice)だよね。
でもIf You Went Awayの方が断然美しい。
コードも凝ってる。
ブラジルのミュージシャンの曲はとても凝ってるっていうかSUSコードが多くて解決しない感じがまたいい。
でもなんとなく歌い方をどうするか決めかねてて、とりあえずは普段より優しいぃぃ感じで歌ってみた。

 

そして今月5月は21日に宇都宮ジャズクルーズにお誘いを受けたのでそこで演奏と、28日は熊谷Space1497さんにてリーダーライブです。

唐澤龍彦(piano, vocal)
りょうへん(guitar)
木村耕平(bass)
五月女モトシ(drums)

19:30 start ¥1500

五月女氏とは初共演なのでそれも楽しみ。
ぜひ来てください。

 

超撥水風呂敷デザインコンペ

先日ちょっとInstagramにポストしましたが、地元桐生市にある朝倉染布さんの超撥水風呂敷”ながれ”デザインコンペにて佳作として入選することができました。

実は風呂敷のデザインとは言ってもほとんどイラストレーションに近いものだったのでもしかしたら全然場違いかもしれないと思いつつ応募したので嬉しいのはもちろんちょっとホッとしたというのもあります。

実際他の入賞作品はやはり布のデザインとして自然な物ばかりだったので僕のはちょっと浮いて見えるかな。
なんであれ、コンペというのはあまり経験がなく、もちろん入賞と呼べるような物も初めてくらいなのでかなり嬉しいです。

そして実物を1枚記念品としていただきました。
これもかなり嬉しいですね。

審査員、関係者の皆さん大変ありがとうございました。

IMG_1613

超撥水風呂敷デザインコンペのページ

朝倉染布さんのサイト

フィガロでのライブ

フィガロでのライブ終了しました。

メンバーは
唐澤龍彦 ピアノ、ヴォーカル
りょうへん ギター
田代直也 ベース
手島健吾 ドラムス

のカルテットで以前にも2回ほど一緒にやってるメンバーだしもともと気心も知れてるというのもあって今までのフィガロのステージの中では一番リラックスできた気がします。
メンバーの皆さんお疲れ様でした。
フィガロのオーナーおよびスタッフの皆さんありがとうございました。
そして何より観に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
自分の演奏回数自体が増えていることもあり、年々集客は大変になってきました。
正直フィガロのステージは大変な部分もありますが素晴らしいピアノの音を聴いてしまうとまたやりたくなってしまいます。

というかもう終わった時点ですぐオーナーの金子さんのアナウンスが入り、来年また出てもらう事に決めました、と言われてしまいました(笑)。

なかなかの出来だったのだと思います。

今回は初めて来てくれた方々も数名。
遠方から来てくれたサックス奏者のSちゃんとかTwitterで見ましたという方とか‼︎
お礼を言いだしたらキリが無いですが、本当にありがたいですし広がりが出来たこともとても嬉しいです。

(null)
Sちゃんが撮ってくれました。
カッコいい写真。
僕はライトで白飛びしててメガネをかけた石膏像みたいになってますが気にしない。

スポーツと私

唐澤さんてスポーツ苦手そうですね。
とはっきり言われることが時々。

確かに現時点で得意と言ったら大嘘になる。

と言ってもそんなに不器用な方ではないので子供の頃は競技によっては学校の代表として大会に出場し、それなりの順位を出したこともあります。
あくまで”それなり”ですけど。

ただ自分には決定的に欠落してることがあって、それは要するに勝つ意思ってやつですね。
スポーツってとても楽しいと思うし、スキルを向上させるほどまた楽しくなるのは楽器なんかとも同じかもしれません。

でも、勝ちたいか?ていうとそれはかなりどうでも良い。

そもそも小学校低学年の頃、運動会で徒競争というのがありました。
この競技において唐澤少年は常に最下位、もしくはビリから2、3位という順位でした。
まあ走るのも遅かったのかもしれないけど、若いころ陸上をやっていた父親からは「とにかくスタートが遅すぎる」と。
それもそのはず当時の僕にとってのスタートとは、
ピストルが鳴るのを確認→一緒に走る人たちがスタートを切るのを確認、とスタートの合図が出されたことを徹底的に検証してから走り出すという(笑)ほとんど競技とは言えない状態だったので。

長男気質による融通のきかなさからか、勝利というのはつまりぶっちぎりの必要があり、ギリギリの勝利は能力以外の要素が介在する可能性があるので勝利したとは言えないと子供心に思っていたのでした。
だから最後にスタートしてそれでも追い越して行って初めて勝利と言えるのだ、と。

勝利するわけないよ。
出遅れてるんだから。

しかし学年が上がるにつれ学校のプールに通うようになってからだいぶ運動能力が上がった。
というかスタートの仕方を知った(笑)

どっちにしても勝ち負けを考えながら競技に臨むのが物凄く面倒になってしまったのでした。
今でもそう。
だからスポーツ観戦とか自分がやるよりもなお興味ない。

ていうかもうテレビ観ないから全然思い出すこともないけど。

ショーンタンをちょっと読んだ。

IMG_0171.JPG

ていうかちょっとの間に読める。
ショーンタンの”夏のルール”

物語っていうのは常に具体的なのが良いわけではないんだよ。
むしろ抽象的、感覚的な方がより共感できる時もある。

子供時代の夏のルールは大人になってから身につける社会のルールとはまた別だ。
ほとんど魔法がかかっていたと言っても良いほどの空気の中で生きていた頃。
魔法が解けてしまったことを寂しく思うより、その記憶を共有できる事を楽しみたい。
そんな本です。

ゆいだいきのアルバム「BUS BUS」を聴いていた。

僕は基本的にずっと洋楽ばかり聴いていたのですが。
でもジャケットとブックレットのイラストを手がけさせてもらったのもあり改めて聴いてみた。

彼の音楽はギターの弾き語りをメインにループを使ったり、効果音を使ったりシンプルなんだけど良く聴くと凝った作りになってる。
飄々として、でもどこかメランコリックな感じがして勝手なことを言わせて貰えばやはり僕のイラストとマッチしてる気がする。
というか、ゆい君もそういう気がしたからこそ僕に依頼してくれたのだと思う。

彼のCDのイラストを描くことができて良かった。
興味のある方はYouTubeでチェックしてみてください。
iTunes Storeではなぜかブルースカテゴリーでトップページに出てくる。
あ、トップの座は明け渡したようです(2014年10月25日現在)。

そしてこちらはジャケットのイラストを描くプロセス。
数倍速ですけど。

マルコム・グラッドウェルの本

マルコム・グラッドウェルの本を買ってみたけどかなりつまらない。
NewYorkerの人気コラムニストらしいけどやはり僕には経済関係の本は合わないみたい。

テレビなんかでも成功した人のインタビューとかそれを元に検証したっぽい番組とかあるけど、ああいうのがつまらないのと一緒。
結局うまく行くか行かないかなんて偶然なのではないかと思う。
どんな秘訣があろうと成功すれば番組や記事になるし、失敗すれば埋もれるから話題にはならない。
メディアは人々の興味を引かなければならないからドキュメンタリですらドラマが求められる。

この本にはしかも僕の嫌いな金融工学の話も出て来た。
読むのやめようかと思ってる。