カテゴリー別アーカイブ: music

3/15は桐生市の有鄰館

DreamVoicesチャリティライブに参加します。宮原美絵グループのメンバーとして。

この企画自体は15:00からですが僕らは最後なので多分18:00過ぎかな?

1番最初の桐生ゴスペルクワイアオリオンの伴奏もあるから最初と最後ですね。当日は飲食できる出店もあると思いますから演奏はもちろんウロウロしながらのんびり過ごすのも良いかも。会場となる有鄰館レンガ蔵も歴史的建造物なので建物内に入る良い機会でもあります。

演奏自体は5人の女性ヴォーカリストがそれぞれのバンドでパフォーマンスするので違ったタイプのライブが見られてなかなか楽しいと思います。

皆様是非遊びに来て下さい。

詳細はビレッジのトップページ下方、DreamVoicesのページから。

いろいろと予定がある

ひとまず3/15日曜日は午後3時から桐生市の有鄰館にてDreamVoicesチャリティライブに参加します。5人の女性ヴォーカリストが出るこの企画も12年目だそうです。

3/29はやはり桐生市のビレッジにて群馬大学ジャズ研の細井徳太郎卒業ライブに参加。彼はその後プロのギタリストを目指して旅立ちます。

4月に入ると、3日は足利Breezyでの定期ライブ、4日は熊谷スペース1497にてギターのりょうへんとデュオ。

スペースでは先日ビレッジでも上映した映像作品をまたしても。

そしてこの映像、翌日5日に青山のビルファイブ南青山West地下1Fで行われるInstagramアーティストのグループ展でも上映予定。このイベントに僕も参加します。青山一丁目駅から徒歩5分。

未だ全貌が見えてないのが楽しみです(笑)いろんなアーティストに会えるね。

入場無料なので是非遊びに来てください。

多分ずっといます。

ライブのお知らせ

2/14みどり市大間々のライブハウスフィガロにてリーダーライブやります。
年に一度のちょっと大きなイベント。

トリオでやる事が多かったけど今年はカルテット。
メンバーは

唐澤龍彦、ピアノとヴォーカル
りょうへん、ギター
田代直也、ベース
手島健吾、ドラムス

6:30会場で7:30開演。
¥1200(当日券¥1500)

スタンダードやオリジナルのインストナンバーとヴォーカルも入れてお送りします。

(null)

(null)

ジャズピアノって悩ましいよね

セッションのホストなんかやってると時々はアドバイス的な意見を求められたり、練習してるけどなかなか…とかそもそも練習の仕方とか聞かれたりすることもあります。
僕も昔はロックバンドでベースとかギターとか弾いていて、その頃は自己流というか好きなミュージシャンのコピーとかやって少しずつ弾き方やフレーズなどを覚えていくのが当たり前で、レッスン受けるとか習いに行くっていうのは思いつきもしなかったけどピアノという楽器はちょっと性格が違うというか完全独学というのはそれなりに難しい楽器かもしれないな、と思います。
まあ個人的見解ですけど。

で、今は一応地元のライブハウスの音楽教室で初心者向けジャズピアノの講師をやってますが自分自身30過ぎて始めてほぼ独学でやってきた身としては講師なんておこがましいのは百も承知。
僕がジャズピアノのことで他人に教えることができるのは例えば ”30過ぎてジャズピアノ始めてみたが何をやったら良いかよく分からない”という疑問に対する答えかな。
そのまんま自分のことだけど。

あ、年齢は関係ないんですけどね。

習うっていうのは良い悪いは別にしてとりあえず近道を教えてもらうってことだと思う。
もちろん教わる相手にもよるんだけど。
習いに行っても行かなくても同じモチベーションを保って続けられる人なら10年後には似たような結果が出せる気もするな。

自信がある人には回り道もオススメです(笑)。

オススメなんだけど悩むべきポイントを間違えて嫌になってやめてしまうとそれも勿体無い。

よく聞くのが「テンションコードがわからない」っていう話。
ポップスやロックで使われるコードと響きが違うのはテンションなのだという固定観念があるので自分の求めているものもそこに答えがあると思いがちなんだけど、結局そんなに単純な話ではないしとりあえず最初に探求すべきポイントでもないな、というのが今思うこと。

でもやっぱり自分もそういう頭で始めたし、そこにフォーカスすることで路頭に迷っていたな(苦笑)。
悩ましいね。

ん〜、今でもだけど。

唐澤龍彦カルテット

先日熊谷のMusic Bar Djangoにて演奏しました、唐澤龍彦カルテット。

メンバーは、ドラムス手島健吾、ベース田代直也、ギターりょうへんとピアノ、ヴォーカル唐澤龍彦。
来てくださったみなさん本当にありがとうございました。
リーダーライブはトリオ編成が圧倒的に多かったけど今回はギター入りのカルテットだったので今までにない新鮮な感覚でした。
そして出来立てホヤホヤの新曲もやりました。
「Wire」というタイトルの曲既にあったので「On A Wire」にしました。
意味があるとかないとかより書き終わってパッと思いついた言葉がWireでしたが、多分ある曲の歌詞 “Balancing on a wire” が頭ににあったからみたい。
自分で作ったサンプルを事前に聴いてもらっていたつもりだったんだけど、りょうへんは事情により聴けなかったらしく本番ではやらないかも、って話だったのにやることにしたからちょっと渋々だったかな。
でもそのりょうへんのギターはかなりカッコよかったし、さすがだなと思わせた。
田代くんのベースもリフなんかあったしコード進行も難しかったから大変だったと思うけどとても安定してしソロもよかった。
手島くんのドラムも良い感じで最後のドラムソロは相当カッコよかった。
よくありがちなんだけど結局作った本人はテーマも間違えるしロスト寸前で残念な仕上がりでした。
要練習だ。
だいぶ。
僕としてはかなり良いカルテットという手応えを感じたのでまたやりたいんだけど、いろんな事情からそんなにちょくちょくはできないので次の演奏には万全の体制で臨みたい所存。
というわけで次の演奏は。
2/14(土)19:30 みどり市大間々/フィガロ
唐澤龍彦(vo,pf)りょうへん(g)田代直也(b)手島健吾(ds)
前売1200円当日1500円
ライブハウスフィガロ 0277-73-7327
です。
オリジナルのインストナンバーとか、スタンダードボーカルとか、ちょっと他には無い個性的なギグになる予定なのでみなさん良かったら見に来てね

アート年表

さて、時々仕事で使うWebデータベース。

先日はガントチャートを作ってみました。
ガントチャートというのはつまり進捗表ですね。
納期管理するのにどの物件が今どの程度進んでいるべきか見るためのものです。

で、これちょっとコードを書き換えたら年表が作れるなと思って。
自分の好きなアーティストの時代的な関係を知るのに便利です。

音楽だけ、とかアートだけとかじゃなくてごちゃ混ぜだけど自分の興味の対象だけで。
今はWikiなんかで著名人の生年月日とか知るのが簡単になったしね。

入力画面から入力するとこの年表に足されていきます。

あ、完全に自分用ですけど。

いつかみんなで作る年表みたいなの作るのも楽しいかもね。
もうちょっと体裁を良くして。

LivehouseFIGAROでライブ

このブログ、とてもブログと呼べる更新状態ではないですね。

それはさておき。

3月8日土曜日、夜7:30からみどり市大間々町のライブハウスフィガロにて唐澤龍彦トリオで演奏します。
メンバーはベース後藤竜也、ドラムス森博彦とピアノ&ヴォーカル唐澤龍彦です。

昨年と同じメンバーで相変わらずですがオリジナルのインストとスタンダード系のヴォーカルをお送りします。
料金は予約¥1200で当日券は¥1800です。
フィガロに予約いただいても、僕に連絡いただいてもOKです。

そして当日限定で粗品進呈を検討中、というか普段描いてるイラストのカードかなんかプレゼントしたいなあと思っています。

みなさまよかったらお越し下さい。

140308Figaro-01

KMF参加します

KiryuMusicFrontsに参加という記事を書きましたが、今回はバンドFunkyZooSessionとしてかつてのバンド、FunkyZeeFunkyZoo時代の曲などを演奏予定です。

本当は打楽器欲しいんですよね。
ギロとか。

ギロ募集すっか(笑)

メンバーです。

唐澤龍彦(ピアノ)
細谷宏晃(サックス)
りょうへん(ギター)
古城啓佑(ベース)
手島健吾(ドラムス)

メンバーの写真です。
FunkyZooSession

嘘ですけど、イメージです。

 

KiryuMusicFronts参加決定

関係各位(笑)

来る10月19日のKiryuMusicFrontsに出演させて頂く事になりましたが共演して下さる方々向け音源です。
あ、別にたまたま立ち寄っただけの方でも聴いて下さって結構です。
長いけど。

2007年と2008年にFunkyZeeFunkyZooというJAZZ、Funk、ラテンや民族音楽の影響を受けたオリジナルを演奏する目的のバンドを結成し活動してました。
KMFのコンセプトに本来オリジナルという縛りがあるのでこれを一度引っ張りだしてみようかなという趣旨ですよ。

聴いてみて下さい。





僕の映像実験

以前から興味あった映像制作。
実はとりかかれない理由は何を撮るかが自分でも分からない事だったりしますね。

手に入る素材集もあるのでしょうがじゃあそれで何作るの?って事に。

先日描いたアクリル作品をコマ撮りしてみたのでソフトの使い方やワークフローを知るためにやってみました。
録音もそうですけど録画も素材の段階での品質は直しようが無いので撮影はひとまず最重要。
というのもやってみて分かりました。
個人の持ち物で、一人でやるので限界は当然あるんですけど、それ以前に露出やピント、絞り、シャッター速度などの調整の仕方はちゃんと知っておかないと最低限の品質も保てないです。
この映像も最初の方は露出が合ってないためなんだか金色に光ってたり。

ほぼ初の作品はアクリル画の制作行程を早送りで見るような内容です。

サウンドトラックは一度作った映像を流しながらピアノを弾いて、録音した物を使ってループしたりエフェクトや効果音を入れてます。
Logicのサウンドトラック機能が活躍しました。

いきなり終わりがぶち切れてます。
本当ならエンドロールとか入れたいんだけど、何しろ一人でやってるので全部自分の名前になってしまう。

面倒だけど少しずつ映像もスキルを身に付けて制作してみたい。