3月クララさんのレボリューション

lulululun3-02

挿絵の描きやすさは…人間をメインに、と考えると難しく感じましたが描き始めてみるとなかなか順調だった。
この作品の場合は読み終わった後オブジェクトというよりラストシーンを描けたら良いな、という思いがあってスケッチはそこから始めた気がする。
このシーンだったか、かとうさんの挿絵だったかでややネタバレっぽいので扉絵ではなく本文の途中に使えたら、というような提案をもらって扉はもっと曖昧な方が良いのかもと思い直したのだった。

主人公がバレエをやっていたことからなんとなくトウシューズを着けた脚のデザインを思い立ち、その後ラストシーンの事を考えていたらパドゥドゥという言葉がひらめいて装飾的に4本の脚を描いたのがこの扉絵です。(とは言えパドゥドゥは男女のペアの踊りの事で同性のペアは単にデュエットというらしいです)

今回、正直言って一番ビックリしたのはこのレボリューションという作品でした。
Vol.2の時はある意味るるるるんの3人の作品がそれぞれにとても馴染んでいて、それは今思うとクララさんの「光の中で(Vol.2に収録)」に寄るところが大きかったのかも。
UNIさんが寄稿する「アフリカ」の編集者下窪さん(今回3人と下窪さんの対談も収録されています)も確か対談の中で書いてたと思うけどクララさんの作品の立ち位置がかとうさんとUNIさんの間でふたりを取り持っていると。
僕の中でも3人が直線上に並んでいたような感じに思っていました。

それがVol.3ではこの作品「レボリューション」がその直線の上から離れ、より独立した印象が強くなり、そのことでかとうさんとUNIさんの作品も今まで以上にそれぞれの個性が際立つようになった気がします。
3つの作品の配置が三角形になって、よりバリエーションに富んだ一冊になったと思います。

ということはこのまま行くとVol.4では四角形に…

四角形になる理由はどこにもないですけど。

vol.2の「光の中で」と同様「レボリューション」もいくつかの章に分かれ章ごとの関係、繋がりはともすると見失いかねない(のは僕だけ?)。
プロローグでの古風とも言える語りから次の章では突然ある女性による日記。
日記の内容はいわゆる”勝ち組”的な男女の高級ホテルのラウンジでのいかにもそれっぽいシチュエーションで、その情景とプロローグとのギャップに少し困惑する。

その後の展開も予想を超えていてとにかくついていくしかないと思いながら読み進める。
ただ描写が丁寧でこれから起こる尋常ならざるストーリーへの流れが読んでる側でも必然と感じることができるし、ちょっとした形容、例えや言い回しなんかも独特の表現なんだけどすごくしっくりくる。

もしかしたらレトリックというのは読み手にも好みがあったり合う合わないがあるかも知れないけど、そういう意味ではこの作品であちこちに散りばめられている表現が僕にはとても合うのだと思う。

そしてこの作品は終盤に近づくほどスピード感を増していく。
その中でつい気付けないまま読み進めてしまうのだが、途中で何度か差し挟まる日記は実は虚構であるらしい。
それは最終的には作品中でも語られ、対談の中で作家本人も説明しているように”バブリーなちょっと痛々しい”虚飾に彩られた作り事である。

そのことを意識しながら読みかえすと最初の日記のホテルのラウンジでのバンド演奏がWaltz For Debbyで始まり、日記を書いた本人がLittle Girl Blueをリクエストするというのはなんだか意味深だ。
Little Girl Blueは年齢を重ねた孤独な女性に歌いかける歌だから。
このリクエストは虚飾の中に仕込んだ告白ともとれる(と僕は思ったけれどクララさんなら強迫観念と言うかも知れないし、あるいは何も仕込んでませんと言われる可能性もあるけど)。

全体を通して予想外の展開と思いもよらない奇抜な小道具(主人公の父親が作る発明品とか)がなぜかすんなりと受け入れられる。
受け入れられるけど予測はつかない。

主人公とそれまで姿を表さず影にいた登場人物との再会はとてもスリリングで一体何が起きるのかと思っているとそこからさらに予想外のエンディング…

もしかしたらこういう言い方は月並みな、陳腐な表現かも知れない。
こんな風に思う人は結構多いかもしれないけど、この作品は僕の中ではすでに一本の映画のようになっている。

るるるるんに関する情報(取扱店なども)
https://lulululun.tumblr.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。